日本安全運転・医療研究会

研究会のご報告

 

第一回自動車運転に関する合同研究会 〜自動車運転は学際的に取り組もう!〜

PDF

日時 平成29年1月21日(土曜),9:00〜17:00
場所北九州国際会議場 メインホール,イベントホール,国際会議室
福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目9−30 (JR小倉駅新幹線口より徒歩7分)
TEL 093-541-5931
主催自動車運転に関する合同研究会
運転と認知機能研究会(代表:三村 將)
障害者自動車運転研究会(代表:武原 格)
自動車運転再開とリハビリテーションに関する研究会(代表:佐伯 覚)
協賛北九州市、(公財)西日本産業貿易コンベンション協会
後援 ・公益社団法人 福岡県医師会
・公益社団法人 北九州市医師会
・公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
・一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
・公益社団法人 福岡県作業療法協会
・一般社団法人 日本作業療法士協会
・一般社団法人 日本言語聴覚士協会
・一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会
・一般社団法人 福岡県指定自動車学校協会
・福岡県、北九州市 
大会長
独立行政法人労働者健康安全機構九州労災病院 門司メディカルセンター 院長 蜂須賀 研二
プログラム
  
【メインホール】
9:10-9:40 〜会長講演〜
『リハビリテーション医学における自動車運転の取り組み』
独立行政法人労働者健康安全機構 門司メディカルセンター院長 蜂須賀 研二 先生
9:40-12:05 〜特別講演〜
・『自動運転車のヒューマン・マシンインターフェースについて』
中部大学工学部ロボット理工学科 教授・学科主任 大日方 五郎 先生

・『疾病と自動車運転−体調管理の重要性−』
滋賀医科大学 社会医学講座 法医学部門 教授 一杉 正仁 先生

・『認知症と自動車運転:当事者および家族支援の観点から』
国立長寿医療研究センター 長寿政策科学研究部 部長 荒井 由美子 先生

・『認知機能と運転免許について 認知症を巡る運転免許行政の現状と課題』
警察庁 運転免許課 高齢運転者等支援室長  岡本 努  様
12:05-13:15 休憩
13:15-14:55 〜シンポジウム〜『3研究会の成果と合同・統合の展望』
シンポジスト
・『障害者自動車運転研究会のこれまでの歩みと今後の展開』
東京都リハビリテーション病院 リハビリテーション部長 武原 格 先生

・『運転と認知機能研究会からの報告』
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 教授 三村 將 先生

・『自動車運転再開とリハビリテーションに関する研究会からの報告と提言』
産業医科大学 リハビリテーション医学講座 教授 佐伯 覚 先生

専門家指定発言
・『工学者の立場からの提言』
東京大学大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授 鎌田 実 先生

・『作業療法士の立場からの提言』
 千葉県立保健医療大学健康科学部 リハビリテーション学科作業療法学専攻
                            藤田 佳男 先生

・『指定自動車教習所の立場から』
一般社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会 専務理事 横山 雅之 様

15:00-17:00 〜専門講習会〜『自動車運転に必要な専門知識と技能』
1.診察、神経心理学的評価、脳機能画像検査
東京慈恵会医科大学附属第三病院リハビリテーション科 教授 渡邉 修 先生

2.自動車運転適性判定に特有な評価
 a.『脳卒中ドライバーのスクリーニング評価:日本版SDSAの紹介』
井野辺病院 リハビリテーション部 副部長 加藤 貴志 先生

 b.『有効視野検査UFOV®について』
産業医科大学 リハビリテーション部 作業療法部門 主任 飯田 真也 先生

 c.『抑制課題付有効視野測定法(VFIT)の臨床応用について』
千葉県立保健医療大学健康科学部 リハビリテーション学科作業療法学専攻
                            藤田 佳男 先生

3.簡易自動車運転シミュレーター
九州産業大学 情報科学部 教授 合志 和晃 先生

4.自動車運転再開・中止の判断と診断書の書き方
 a.『軽度認知障害・認知症』
高知大学医学部精神神経科 講師 上村 直人 先生

 b.『脳卒中・外傷性脳損傷』
産業医科大学 リハビリテーション医学講座 助教 加藤 徳明 先生
【国際会議室】
15:00-17:00一般口演
【イベントホール】
12:30-13:10ポスター

第二回日本安全運転医療研究会〜安心して交通社会に参加するために〜

第2回日本安全運転・医療研究会を主催して

滋賀医科大学社会学講座 一杉正仁

 去る、平成30年1月21日に、東京都大手町の日経ホールで、第2回安全運転・医療研究会を主宰させて頂きました。当日は521人という大勢の方が参加して下さり、情報交換や知識修得の場として活用頂きました。特に、「安心して交通社会に参加するために」というテーマのもと、共生と職場復帰を2大柱とし、内閣府政策統括官付参事官の金子 健 様、労働者安全機構理事長の有賀 徹 先生より特別講演を賜りました。今後、高齢化が進むわが国において、いかに交通安全を実現するか、そして、労働者の安全を確保したうえでの労働力確保の実現など、わが国の施策から取り組みの実際について詳細に概説頂きました。さらに、5件の教育講演では、「知っておくべき周辺知識」として、交通社会への復帰を目指す方に接する上で、医療従事者が配慮すべき点などを、専門の先生からご教示頂きました。そのほか、66題(口頭17題、ポスター49題)の一般演題が寄せられ、各現場での取り組みを中心に、新たな知見や現状の課題などを御紹介頂きました。このような、現場での問題点や知見を参加者が共有することは、さらなる発展につながることであり、ここに改めて、話題提供下さった発表者の皆様方に深謝申し上げます。
 さて、今回の研究会参加者は、医師、療法士、看護師などの医療従事者、工学技術者、行政や司法関係者など幅広いのが特徴でした。私たちの研究会は、何らかの疾病や障がいがある方でも、安心して安全に交通社会に参加できることを目指しております。参加者の皆様の立場が異なっても、目的は同じであり、本研究会がそれぞれの専門分野の垣根を越えて交流することに貢献できたことを嬉しく思っております。さらに、私たちが話し合って生み出した知見が、今後のわが国の社会安全や国民の社会参加促進に役立てると感じました。今後は、本研究会が関連団体のお力を借りて、地域や行政に情報を発信し、多くの国民に貢献できる活動ができるよう願っております。
 最後に、第2回安全運転・医療研究会の開催に、多大なご奉仕を下さいました皆様方に深謝申し上げます。また、会の開催に御尽力下さいました東京都リハビリテーション病院の皆様を始めとした、旧障害者自動車運転研究会のスタッフ一同に改めて御礼申し上げます。

日時 2018年1月21日(日),9:30〜15:30
場所 日経ホール、日経カンファレンスルーム
東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル
TEL  03-6256-7686
主催 第二回日本安全運転医療研究会
後援 ・内閣府
・厚生労働省
・東京都
・警察庁交通局
・東京都
・公益社団法人 日本医師会
・公益社団法人 東京都医師会
・一般社団法人 日本理学療法士協会
・一般社団法人 日本作業療法士協会
・一般社団法人 日本言語聴覚士協会
・公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
・一般社団法人 日本交通科学学会
大会長
滋賀医科大学 医学部社会医学講座 法医学部門 一杉 正仁
プログラム
  
【日経ホール】
9:40-10:10 〜会長講演〜
『安全な交通社会を形成するための課題』
滋賀医科大学 医学部社会医学講座 法医学部門 一杉 正仁先生
10:20-12:00 〜一般口演〜
13:00-13:40 〜特別講演1〜
・『わが国における自動車事故防止対策について』
内閣府政策統括官付参事官 金子 健様
13:00-13:40 〜特別講演2〜
・『自動車運転と就業について』〜地域で求められる多職種連携・チーム医療〜』
労働者健康安全機構 理事長 有賀 徹様
14:35-15:55 〜教育講演 知っておくべき周辺知識〜
・『運転に必須な高次脳機能』
東京慈恵会医科大学付属第三病院 リハビリテーション科教授 渡邉 修先生

・『視機能の評価について』
東京慈恵会医科大学 眼科学講座講師 久米川 浩一先生

・『歩行者・自動車事故予防への取り組み』
名古屋大学大学院 工学研究科教授 水野 幸治先生

・『加齢に伴う精神・神経症状の変化について』
慶応義塾大学 医学部精神・神経科学教室教授 三村 將先生

・『障害者に対する社会的支援の重要性について』
産業医科大学 リハビリテーション医学講座教授 佐伯 覚先生

【日経カンファレンスルーム】
10:00-15:00ポスター展示
【大手町セミナールーム】
14:35-15:55一般口演

文責:日本安全運転・医療研究会 更新日:2018年7月3日

PAGE TOP